Home
二等三角点 白毫寺 (高円山)
 奈良分地を見渡す高円山は、夜景スポットとして人気があるそうだ。 奈良市街が眼下に広がり、その向こうには生駒山がゆったりと横たわる。 大きな樹間を抜ける高円山ドライブウェイも素晴らしく桜の季節にもう一度来てみたい。 そんな見晴らしの良い高円山の西側(奈良市街側)のピークに二等三角点「百毫寺」が設置されている。
基準点コード TR25235060901
点名 白毫寺 (びゃくごうじ)
種別等級 二等三角点
標識番号
標高 431.94m
設置日 1901年(明治34年)11月24日
展望 不可
地形図 和歌山−桜井−大和郡山
所在地  奈良県奈良市白毫寺町1074番1
地図・軌跡 GoogleMap & RouteMap
探訪日 2013年5月5日
三角点へのルート
 白毫寺町を通る県道80号奈良名張線から高円山ドライブウェイへ。(高円山山頂往復610円の通行料)。山頂の展望台に駐車し、大友家持の歌碑横の林道へ。林道終点からは遊歩道が三角点まで続く。(展望台から約10分)
奈良奥山ドライブウェイは若草山から高円山へ一方通行なので、カーナビで高円山を設定すると、若草山方向から行こうとするので要注意。


三角点の周辺
高円山 県道80号線からドライブウェイの入口 ドライブウェイの桜のトンネル
高円山山頂展望台 展望台からは奈良市街を展望できる 高円山山頂の高円山ホテル跡
展望台の横が三角点への取り付き 三角点まで歩きやすい道が続く 木々に囲まれた三角点の設置場所
関西花の寺第16番 白毫寺 参道 白毫寺の境内 写真右が五色椿 百毫寺の五色椿
2013年4月7日に訪れた関西花の寺第16番白毫寺 各種の椿が美しい寺でした。

Home   地域Top   分布図